Oh, My God!!!


それでも地球は回ってる。
by coco-egtw
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:Oh,my Australia!( 67 )


大笑い

Sydneyで、Erikaさんと一緒に勉強に励んでいた時、隣のお部屋にシェアしている不思議ちゃんがいました。
私の最初のコメントは

私:「何か赤ちゃんみたいにしゃべる子、いるね・・・。」
E: 「うん、18歳らしいよ。」
私: 「18かぁ・・・もう遠い昔で忘れたけど、18ってあんな感じなのかなぁ・・・。」

不思議ちゃんの不思議さは、やっぱり他の子も感じていたようでそのうち<タラちゃん>というニックネームがつきました。

そんなタラちゃんがある日、ちゃんとしゃべれることに気がついた私は
私: 「あれ、キャラ作ってるんだよ!びっくりだね!!」
E: 「うん、なんとなくそんな感じがしてたけど・・・そうっぽいね^^」
私: 「うそよ、Erikaさん気がついてたの??」
E: 「なんとなく・・・思ってただけだけど・・・。」
私: 「あなた、鋭くていいわね・・・うらやましいわ。」
       (本当に侮れないわ、Erikaさん・・・)

タラちゃんは、アパートのオーナーさん(34歳)が好きなようでした。
だから、タラちゃんになってしまうのか?
タラちゃんのそんなキャラ作りから、こんな話に。

私: 「私、釈ちゃん、好きじゃなかったんだよね。計算高い気がして。」
E: 「へ~、たまにはわかったりもするんだね。」
私: 「あら、私だってピピンと来ることがあるのよ、ふふん(ご満悦)」
E: 「後、あの子もじゃない?えっと・・・中村玉緒。」
私: 「へ?中村玉緒も作ってるの??超びっくりだよ・・・。あの、グォッフォッフォッ、どぉ~も、中村玉緒でございます。グフグフ・・・って人だよね。」
E: 「あ・・ううん、違う違う、えっとなんだっけ・・・・中村玉緒じゃなくて・・・。」
私: 「え??どんな人?歌舞伎関係??」
E: 「全然違うよ・・・(呆れ顔)」

Erikaさんが考えること数分・・・・

E: 「あ!佐藤珠緒だ!!」

あ~、はいはい、納得納得^^

日本に帰ってから、中村玉緒を見ると、このとき二人で大笑いしたことを思い出します。そうね、Erikaさんが、中村玉緒を作っているって言ったときは、鋭いErikaさんがいうなら・・・と思ったのよ。
でも、やっぱり彼女は天然さんみたいね^^
[PR]

by coco-egtw | 2006-05-24 17:50 | Oh,my Australia!

住めば都☆

よくSydneyとPerthと、どっちが良かった?とか、オーストラリアでは、どこがお勧め?とか聞かれます。

オーストラリアのそれぞれの土地に、もし私が同じぐらいの時間ずつ行ったことがあったら、私は、どこが一番良かったと答えるのかなぁと、考えてしまいます。
Sydneyは、私にとって、居心地がそんなにいい町ではありませんでした。
それはきっと、私がまだまだSydneyを知らなかったからだろうなと思います。
Perthに来た本当に当初、私はこの町に一目ぼれはしませんでした。
日本じゃない、きれいで、天気がすばらしく良くて、あぁ、きれいなところだ・・・。
でも、大好きじゃなかった。
2年住んで、大好きになりました。
住めば都って、こういうことなんだなぁ、、と思います。

Perthは、世界で一番住みやすい町といわれています。
オーストラリアでは、老後に住みたい町としても人気があるよう。
アメリカで言ったら、フロリダ??

車で数分できれいな海、フェリーで30分でリゾート島があります。
車で30分でワイナリーめぐりも出来て、地ビールも飲み放題。

でも、冬にいく所じゃありません、絶対夏です☆
[PR]

by coco-egtw | 2006-05-20 15:19 | Oh,my Australia!

SydneyのSteven先生

2年近くPerthを動かなかった私が、締めくくりの最後になぜかSydneyに行くことにしました。
というのは観光のためでもなんでもなく、英語を勉強するため。
勉強ならPerthでも出来るじゃないか、とも思うのですが、Sydneyにはめちゃめちゃ有名な先生がいるんです。
Sydneyで一番稼ぐ英語教師=オーストラリアで一番稼ぐ英語教師
、、ということになりそうなSteven先生。
オーストラリアで普通の語学学校の先生は、直接法といって媒介語を使わずに英語のみで授業を進めます。
文法の説明も英語で。
わからなかったら、わかりやすい例文を挙げていく。
そして、ついに、、はぁ、、、こういう時に使うのかな?となっていくわけです。

直接法は、クラスにいろんな国から来た人がいる時にどうしても必要になる教授法ですが、このSydneyのSteven先生は、日本語がぺらぺら。
そして、授業も日本語で説明されます。
よって、生徒は日本人か、日本語がこの上なく上手な外国人(英語が母国語でない)
だから、日本人にはわかりにくい英語ならではの言い回しも、考え方も、わかりづらい長文も、とってもわかりやすかったです。

S: 「コノthoseハ、ナンカヘンニミエルケド、ウシロニ関係代名詞ガカクレテルノ。」

S: 「コノthatハ、目的格」

私: 「Heve been withdrawingは、何で間違いなんですか?」

もともと現在完了と現在完了進行形が??だった私には、その違いがわかるのかと期待しての質問でしたが・・・。

S: 「withdrawハ、状態動詞、ing形ガコナイ。」

はぁ・・・withdrawって、状態動詞なんだ、、、、って意味、なんだろ。

まだまだの私ですが、文法がある意味、クリアになりました。
このコースに関しては、又後日、アップしたいと思います^^
今日は、この辺で・・・。
[PR]

by coco-egtw | 2006-05-19 12:52 | Oh,my Australia!

Dympna

ホストファミリーに、会いに行ってきました。
多分、これが私がこちらに滞在している間に会える、最後の日。
ホストマザーは、私の中ではとても大きな存在でした。
このオーストラリア生活では、欠かすことの出来ない人。

まだ帰る気がしないし、またすぐ会えそうな気がしていたけど、やっぱり帰るときは涙がこぼれました。
本当にいいファミリーに出会えたと、感謝しています。
[PR]

by coco-egtw | 2006-03-24 05:10 | Oh,my Australia!

・・・・

ちょっと前になるけど、ErikoさんのPartyの写真をアップしたところ、Kおじさんをはじめ、何人かに『隣の男は、、、、彼氏か?』というご質問を頂きました。

えっと、、、この時は、「みんな入りきらないから、よってよって~~。」という感じで写真を撮ったので、とても親しげですが、こちらの方、私の彼氏でも何でもありません・・・あしからず。

誰か分からないので聞いてみたところ、Erikoさんのシェアメートだそうです^^
素敵な人だけど、私はやっぱりアジアンガイが好みだわ☆
[PR]

by coco-egtw | 2006-03-16 22:07 | Oh,my Australia!

Crab Festa☆

Crab festaに行ってきました。
Perthから南に1時間ちょっと・・・Mandurahというところは、イルカが見れるし、ムール貝狩り、夏にはCrab・・つまりカニ狩りも出来るという海が満喫できる場所。
そして、今週末はCrab Festa・・・カニ祭り!!でございました!
前々から、Mandurahにカニを取りに行こうという話が出ていたけど、取る前に食べるチャンスが訪れて嬉しい限り。
こちらの何人かのオーナーさんのお友だちとともにお出かけしました。
日本のお祭り同様、屋台が出てゲームが出来たり、綿あめが売られたり・・・・。
あちらこちらでいろいろな音楽が奏でられていたりでにぎやか、にぎやか。

こちらのカニは、Blue Manna Crabと呼ばれているそうです。
女の子の手のひらぐらいの頭に、長い足のカニさん。
殻がとても柔らかいので、カニバサミも要りません。
名前の通り、ゆでられる前は青い色をしているそう。
茹で上げられて一匹4ドル、、、だいたい400円弱ぐらいで売られていました。
3匹買うと、10ドル、、、安いです、、、そして、うまかったです^^

さっそくランチにカニさんを頂き、近くの観覧車になんぞ乗ってまいりました。
高いところが大好きな私は、観覧車に乗って、Erikaさん、オーナーさんと、あっちにこっちに移動いて写真撮ったりしていたのですが、高所恐怖症の二人は、固まったまま。
二人の怖さが分からない私はおおはしゃぎだったけど、後から写真を見ると、、、、
Erikaさん、、、デジカメの画像は小さくて分からなかったけど、本当は泣き顔だったんですね。
Erikaさんと二人でも撮りたかったのに取れなかった理由は、オーナーさんがしっかりつかんだ鉄棒から手が離せなかったため。
二人とも、なかなかかわいらしいわよ、うふふ。

お持ち帰りようにまたまたカニを買って、ご機嫌の私たち。
帰りの車では、すっかりおねむの私とErikaさんでした。
[PR]

by coco-egtw | 2006-03-12 22:37 | Oh,my Australia!

Australian life

私のオーストラリア生活も、もうすぐ終わろうとしています。
2年近く住んだPerthを離れるのは、本当に心さびしく、いろんなことを考えさせられます。
日本に帰って、仕事を探したり、また1からひとりで生活を築いていくことが、ちょっと怖くもあり。

オーストラリアの生活は、というよりオーストラリア人は、本当に日本人より生活を楽しんでいると思います。
だから、本当にこっちに住んでしまいたくもなりました。

日本を出たことがなかったときには、感じることが出来なかったけど、こちらの人は仕事を優先しません。
笑い話にもなりそうだけど、ここPerthでは、服を買いたかったり靴を買いたかったりすれば、5時前に店に行かなければしまっています。
スーパーこそ遅くまでやってくれていますが、それも6時まで。
8時までのところもたまにはありますが。
夜に開いているところといえば、バーとガススタのコンビニぐらい。
それもFamily dinner、家族の食事の時間を大切にするから、、という、ある意味怠け者のいいわけみたいな理由があるそう。
夜間、休日、祝日には、鉄道建設、道路舗装などすれば都合がいいであろう仕事も、されることはありません。
ダブルペイであっても。(ダブルペイというのは、休日、祝日に働くと、こちらでは、通常の1.5倍から2倍の給料がもらえるシステム)
Host brotherのBrendanくんがKFCでバイトしたときは、いつもは、8ドルの時給が日曜日は、16ドルもらえていました。
そうであっても、進んで休日に仕事をする人はまれで、ダブルペイだけど、はぁ・・・とため息をついていたりします。
日本人だったら、ま、いっかぁとなりそうなのに。

残業もしません。
マザーは、「私は週に何日かは、20分近く残業して会社に貢献している。」と、胸を張って憤慨していました。
20分のoverworkを残業と呼ぶか呼ばないかは別にして、そのぐらい定時を越して仕事をすることは、珍しいこと。
私のハウスオーナーさんは、こちらで育ってはいるけどもともとは中国系なのでオーストラリア人より働き者。
プロジェクトの責任者だったりするときは、まれに土曜日も出勤していました。
半年の間に3回ぐらい、土曜日に半日出勤していたけど、そんなときは最近は忙しくて死にそうと言っていて、、、、こんな人は日本人の本当に忙しい生活、想像できないんだろうなと思いました。

ほどんどの日に、6時ごろ家に帰ってこられる生活、家族で平日の夜にBBQに出掛けられる生活。

ちょっと、うらやましくもあったり、します・・・。
[PR]

by coco-egtw | 2006-03-11 19:55 | Oh,my Australia!

Night BBQ

昼のランチバイトに精を出していると携帯にメールが。

How about evening fishing and night BBQ for moon set?
(きょうの夜、釣りしながらBBQしない?運よかったら月没みれるよ。)

急すぎるだろ・・と思いながら、急いで友達に連絡。
人数は確かじゃないまま、バイトの後に買出しに。

えっと、、Hopefully we catch fish we can eat・・・って。

人数も分からないのに、買い出す量も曖昧すぎる。

だいたい釣れるのかは、運任せなわけで^^

それでも野菜とラムとチキンを買いました。

帰ってきて野菜を切って、マッシュルームにバター、塩コショウガーリック塗って、芋をホイルでくるんで、ラムをマリネにして。

誘った友達が先に現地についてしまうというそそうがあったものの、8人、ちょうどいい人数が集まりました。
月曜日の月没の話をしながら、ヤッパリ女の子は集まると話が止まらなく、ついでにワインも止まらなく、とても楽しかったです。
オーナーさんたち男の子達は、釣りへ・・・。

月曜日とは裏腹に、月は高く高くなっていき、沈む気配もなくMoonsetはありませんでしたが、本当に楽しい夜でした。

私はいろいろオーガナイズできているのが好きだから、こうバタバタと突然の催し物が決まって準備がしっかり出来てるのかどうかもわからないまま何かが始まってしまうのに、戸惑ったりもしますが、こういうのもいいなぁ・・・と、思いました。
確かにあのあわただしい準備は、苦笑いモノだけど。
すっかり忘れてしまった飲み物用のカップも、周りのBBQグループに分けてもらい大助かり。
平日の、こんなパーティもいいもんだと、つくずく思いました。
[PR]

by coco-egtw | 2006-03-09 17:22 | Oh,my Australia!

月没

3月6日、WA(西オーストラリア)の勤労感謝の日で祝日。
こちらは、州ごとの祝日があったりして、ちょっと日本と違います。
週末が3日あると、何かとのんびり出来て素敵。
ゆっくりした月曜日を過して、晩ご飯時になるとオーナーさんが

「今日はとても気持ちがいい夜だから、ビーチにいって、月でも見ながら飲もう。」

と提案しました。
ラグを持って、ビールとワインを持って外に出ると、気持ちいい風に本当にきれいな月が。
ビーチまでの道のり、月をみながら、

蜂蜜色の月に、うっとり。

オーナーさんがいつも釣りをするというビーチは、きれいに整備されていてBBQ台も何台かあり子どもが遊べる公園もあり、夜は静かだけど昼間はさぞかし忙しかろう所でした。
夜ですら、晩ご飯時にはNight BBQでいそがしいだろうな。
なぜか置き去りにされているサンダルや、服や、タオルを見ながら
「おいおい、忘れすぎだろ・・・」とつっこんでみたり。

昔得意だった鉄棒のさかあがりが、実はこの間やってみたら出来なくなっていた私だけど、Erikaさんが久々のトライにもかかわらず苦戦しながらクリア・・・30過ぎ・・・だから??ま、わすれよ。

ビーチには、若い男の子が二人で、なにやら語っているようでした。
白い砂浜にきれいな月、満天の星空も、殆ど独り占めできる、すごく贅沢な空間でした。
日本人の私とErikaさんにしてみれば、なんてロマンチックな場所ですが、ここで育ったオーナーさんにしてみれば、当たり前の光景、こんな話をしながら、ビールを飲んだりワインを飲んだり。

と、気がつくと、月がどんどん色を変えていました。
だいたい遅くなるにつれてつきは高くなり、色は白く変わっていくのに、今日は、だんだん低くなり、さっきまでの蜂蜜色は、赤いグレープフルーツ色に。

そして、人生で初めてですが、この日、月は、沈んでいきました。

どんどん赤くなって、海の向こうに、最後はその辺に停泊している船のライトほどに小さくなって、沈んでしまいました。

私たち3人は、始めてみる光景に、驚きながらも、感動して、そして、ちょっと怖がったりも、、、してみました。

月って、沈むんだ・・・・。
[PR]

by coco-egtw | 2006-03-07 17:02 | Oh,my Australia!

Salsa class②

水曜日、またまたSalsa Classに行ってきました。
日曜日のPartyであったAyaさんも一緒に。
日本にいるときもSalsaを踊りに行ったりしていたというAyaさんは、私が行っているのとは違うクラスにいつもは行っているそう。
Ayaさんからお誘いいただいたので、来週は私がAyaさんの行っているクラスに行こうと思っています。
これも楽しみ^^

クラスはというと、いつもと同じくメレンゲから始まり、サルサへ。
基本的なステップをやって円になってみんなで踊ります。
私は今日は、その後のクラスも受けて、また一段と難しいステップも学んでまいりました。
2時間半ぐらいだったから、さすがに最後のほうは、もう・・ちょっとつかれた・・・という感じだったけど、やっぱり楽しかったです。
こうしてみてみると、男の人って大変だなぁ・・と思います。
先生の指示をしっかり聞いて、女の子をリードしなくちゃいけないから。
私なんかは、疲れてきたらとりあえずリードに任せていればいいけど、男の人は、耳も体も頭も使わなくちゃ!!!
そして女の子は、下手でも誰とでも踊れるけど、男の人は、下手では何も出来ません。
あぁ、、、女の子でよかった・・・・。

クラスの後で、ビールを1パイントで、幸せな水曜日でした^^
[PR]

by coco-egtw | 2006-03-01 23:09 | Oh,my Australia!